ジスロマックの画像

ジスロマックはクラミジアに対して高い効力を発揮するといわれています。クラミジアは日本で感染者が多い性感染症といわれているので感染している方は早目にジスロマックで治してしまいましょう。

ジスロマック服用後の下痢や吐血などさまざまな副作用

ジスロマックはクラミジア感染症に対して効果が高い治療薬として有名ですが、そのほかにマイコプラズマ肺炎・歯周病・尿道炎・溶連菌などの感染症にも作用が働くため、内科をはじめ耳鼻科や歯科まで幅広く処方される抗生剤でもあるのです。ジスロマックは医師から受けた処方量と服用法をきちんと守れば基本的に副作用が少ない抗生剤ではありますが、個人差はあるものの特に免疫ができてない赤ちゃん・免疫力が低下しているご老人・もともと胃腸が弱い人などは主に「下痢」の症状が現れやすく、そのほかには嘔吐・腹痛・発疹・じんましん・発熱などの副作用が現れる場合があります。また心疾患・肝機能障害・腎機能障害などの持病のある方や過去に何らかの薬の服用にアレルギー反応を起こした経歴がある方は事前に医師への申告が大切です。稀にではありますが、顔面蒼白・意識の薄れが特徴的な「アナフィラキシー・ショック」や倦怠感・吐き気・きゅげkな食欲低下などが特徴的な「肝臓障害」を併発する可能性もあるので、自分自身の体調や体質を把握し心配な場合は医師に相談することが大切です。万が一ジスロマックを服用することでこのような副作用やアレルギー反応が出た場合は、素早く医師に報告をし服用を中断することが重要で、病気の症状が未だ治まらない場合は他の薬で代用してもらうことが大切です。ジスロマック=副作用が少ない安心できる抗生剤という認識が強いものの、またこれらの副作用も稀ではありますが、から咳が非常に長く続き重度になると吐血も混ざるような咳を併発する肺炎、鼻血・歯肉出血・青あざなどの症状が出る血液異常、血便や激しい腹痛症状が出る大腸炎などの重症化する可能性もあるという認識はきちんと持っていることが大切です。