ジスロマックの画像

ジスロマックはクラミジアに対して高い効力を発揮するといわれています。クラミジアは日本で感染者が多い性感染症といわれているので感染している方は早目にジスロマックで治してしまいましょう。

ジスロマックを服用する場合の痰などの色とリハビリ

ジスロマックは抗生剤なので、副鼻腔炎などになって、痰や鼻水の色が緑色や黄色になった場合に処方されます。副鼻腔炎は鼻の上の部分に炎症が起きるので、目が疲れやすくなったり、頭痛になる場合があります。また鼻水がのどに直接流れることで、咳が長く続いてしまうこともあります。治療法としては、ジスロマックのような抗生剤と、痰を排出しやすくする薬が処方されて、2週間程度服用すると完治します。ジスロマックは風邪が悪化した場合などにも処方されますが、細菌にしか効果がないので、ウイルス性の感染症には全く効果がありません。日本では中耳炎などにもジスロマックなどの抗生剤を処方していましたが、現在では、耐性菌の増加が問題になっているので、必要なとき以外には抗生剤を処方することはありません。抗生剤はクラミジアや梅毒などの細菌性の性病にも効果がありますが、熱や風邪のような症状がでても感染の有無を確かめるまでは、抗生剤を処方されることはありません。過去には、風邪にもジスロマックなどの抗生剤を投与していたので、性感染症も同時に完治していた可能性があります。現在では、日本国内でも抗生剤の処方が少なくなっているので、性感染症を検査などで確認しなければ薬による治療を受けることができなくなっています。リハビリは、交通事故や脳梗塞などで、体の一部が麻痺した場合に必要になるもので、曲がりにくくなった関節を、理学療法士などが曲げることで、脳が関節の動きを認知するので、短期間で普通に動かせるようになります。脳梗塞の場合は、脳細胞が死滅している可能性があるので、手足を完全に元通りにするのは難しいのですが、リハビリをしっかりすることで、腕や足が自由に動かせるようになります。