ジスロマックの画像

ジスロマックはクラミジアに対して高い効力を発揮するといわれています。クラミジアは日本で感染者が多い性感染症といわれているので感染している方は早目にジスロマックで治してしまいましょう。

ジスロマックはばいどくの病原菌には効果がない

ジスロマックは一般的にクラミジアの治療に用いられる治療薬です。

クラミジアは感染していても症状があまりでないこともあるので知らないうちに感染していることが多く、女性の場合は不妊や子宮外妊娠の原因になったり、男性の場合には前立腺炎や血清液症などの原因になることがあります。

一度治っても再発を繰り返しやすく、クラミジア以外の性感染症にかかるリスクも高まるので、何か普段と違うと感じた時は医療機関で検査したり検査キットを購入して自分で調べることも可能です。

ジスロマックは、同じ性感染症であるばいどくにも効果があるとかかれていることが多いですが、実はばいどくの原因菌であるトレポネーマ菌には効果がないとされています。

最近では若い世代を中心にばいどくに感染している人が増えてきているようですが、ジスロマックを服用してもばいどくが改善することはありません。

ばいどくに効果があるのはペニシリンであり、ペニシリンがまだ発見されていなかった頃は不治の病として恐れられていましたが、現在では適切な治療を受ければ死ぬような危険性はありません。

感染すると、感染部位の皮膚や粘膜にしこりができて硬くなった後、太もものリンパが腫れたりすることがあります。

ただ、ばいどくに感染しているとHIVウイルスなどにも感染しやすいので、症状が出てきたら早めに治療を受けるようにしましょう。

ジスロマックはばいどくにこそ効果は期待できませんが、インフルエンザウイルス、マイコプラズマ菌、ブドウ球菌などに効果があり、妊婦や子供でも安心して服用できる薬でもあります。

どの病気においても自分で自己判断せずにしっかりと医療機関でしかるべき治療を受けるのが望ましいといえます。