ジスロマックでクラミジア退治

ジスロマックの画像

ジスロマックはクラミジアに対して高い効力を発揮するといわれています。クラミジアは日本で感染者が多い性感染症といわれているので感染している方は早目にジスロマックで治してしまいましょう。

ジスロマックってなに?

ジスロマックというのは、感染症を治療するための医薬品の銘柄の一種のことを指しています。
感染症というのは、病原性の微生物がヒトの体内に侵入し、かってに増殖をしてしまうことによって引き起こされる病気全般をいいます。
感染症にかかった場合の一般的な症状としては、患部に赤み、発疹、腫れなどを生じるほか、全身にわたる高熱が出たり、痛みがあったり、だるくなったりするといったものがあります。
こうした症状は、かならずしもすべてが害というわけではなく、熱を出すことによって体内の免疫力がうまくはたらくようにするといった、体の防衛反応の一端である場合もあります。
たとえば、感染症の一種としてよく知られたインフルエンザの場合には、無理に熱を下げようとせずに、逆に熱を出しきってしまうことによって治癒に向かうこともあります。
そうはいっても不快な症状であることには違いがありませんので、なるべく早く感染した微生物の増殖を抑制したり、あるいは殺菌をして、元凶を断つということが不可欠です。
ジスロマックは、広い範囲の感染症に対して効果があり、例を挙げるとすれば、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、咽頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、尿道炎、子宮頸管炎、歯周炎などといったものがあります。
したがって、内科や皮膚科でジスロマックが処方されることもあれば、歯科の場合も、さらには泌尿器科や性病科の場合もあるということになります。
このように、すぐれた効き目をもつジスロマックですが、服用にあたっては副作用の可能性もないわけではないため、基本的に医師が処方をすることになっており、国内では薬局の店頭で気軽に手にとって購入できるようにはなっていません。

ジスロマックだけで治るのか?

ジスロマックは、マクロライド系抗生物質の一種であり、感染症をもたらす微生物のなかでも、特に細菌類に対して効果を発揮するものとなっています。
また、淋菌やクラミジア、マイコプラズマなどといった、一般的な細菌とは多少構造が異なっているような特殊な微生物に対しても、おなじように効果を発揮することがわかっています。
このジスロマックは、体内にとりこまれると、病気の原因になっている細菌が増殖をしようとするのを妨害したり、あるいは殺菌をしたりするはたらきをもっています。
したがって、細菌が原因となる感染症については、基本的にはこのジスロマックを飲むだけで、十分に痛みや発熱、炎症などといった症状をとりのぞくだけの効果が期待できるといえます。
ただし、ジスロマックは病名によって飲み方が異なる場合があるため、添付文書に書かれているとおりの方法や分量を飲んだ場合について、そのような効果があるということは、いちおうは念頭に置いておいたほうがよいでしょう。
たとえば、有効成分500ミリグラムの錠剤を成人であれば1日1回、3日間継続して服用することが、一般的な感染症の場合の用法用量となっていますが、尿道炎や子宮頚管炎といった性感染症の場合には、有効成分1000ミリグラムを1回だけ服用して、一気に有効成分の血中濃度を高めるという用法用量となってきます。
また、ジスロマックを頻繁に使用している人では、細菌の側にも医薬品の成分に対する耐性がついてしまって、まれにジスロマックが効かない場合もたしかにあります。
こうした場合には、ジスロマックとは別の抗生物質を処方してもらうなどする必要がありますので、医師に相談したほうがよいでしょう。

ジスロマックを手に入れるには?

ジスロマックを手に入れる一番安全で確実な方法は、医療機関で処方をしてもらうことです。
通常のルートでジスロマックを入手するには、医療機関で診察を受けて必要だと判断された時に処方をしてもらい薬局で薬を受け取るという流れになるので、この方法が一番確実で偽物を手にするということもなく安全です。
しかし、中には医療機関を通さないでジスロマックを手に入れたいと考える人もいるのではないでしょうか。
このような薬が気軽に入手をすることができないのは、それだけリスクのあるものであり医師が必要とした時以外には勝手に服用をすることができないようにするためなのですが、様々な理由によって医療機関を通さずにジスロマックが欲しいということもあるものです。
そのような場合には多少リスクが有りますが、個人輸入をするという方法があります。
国内では処方箋がなければ入手できないジスロマックも、海外から直接取り寄せて個人で使う分には認められているのでこのような方法で入手することもできます。
本当にすべての手配を個人で行うとなれば、個人輸入はハードルの高いものとなってしまうので、個人輸入代行を利用すれば通販と同じように購入をすることができます。
個人輸入代行を利用してジスロマックを入手するときにはしっかりリスクを理解して、利用をすることが常用であり薬の服用法から、偽物が届いてしまう可能性などそれらのことを全て事前に理解しておくようにしましょう。
個人輸入代行を利用して薬を入手して服用した際の副作用等に関しては、当然ながら自己責任となってしまいますから、それらのリスクをすべて受け入れることができるという場合に限り、個人輸入代行を試してみるのも悪いものではありません。

▼飲み薬より塗り薬の方が良いという方には、こちらをおすすめ
エンペシドクリーム
▼ジスロマックと同様に、クラミジアにはこちらの医薬品でも効果があります
レボフロキサシンの効果